トピックス

疎水性トリートメント ACC 後編

こんにちは  烏丸のヘアサロン SEESAWのSHUNです。

 

疎水トリートメントとは

後編です。

 

前編では、髪の毛は 【水でダメージする】

と言う話しでしたが

 

髪の内部にある元々の水分をいかに保ち、外部からの水分で傷ませないか

がキーワードになると思います。

 


 

 

 

髪の毛はダメージするとより多くの水が髪の内部に入り

乾燥するとその水を一気に吐き出します。

髪の毛はその時に傷みますし、カラーもこの時に褪色します。

 

肌なんかも一緒で、水仕事の多い方ほど、カサカサしますし

お風呂に入っても、しっとりするようで、実は乾くとカサカサになりますよね。

水って、内部には大切なのですが、外側からの物って意外とそうでもないのです。

 

髪の毛は疎水にする事で、髪のダメージを受け難い状態になります。

では、どうすれば良いのか?

 

髪の毛の中に余分な水分を入れずに、髪の中に水分を蓄えられる事が

出来るのが【疎水トリートメント】なんですね。

普通なら髪の毛を濡らしてタオルドライしても

又、数分後にコームで髪を梳かしたら水滴がボトボト落ちるのですが

 

疎水トリートメントをした後なら水滴は落ちないんですね。

これは外部からの水が内部に入っていない事を意味しています。

 

しかも、内部には必要な水分を蓄える容量を増やしているので

髪のコンディションも上がりやすくなりますし、

サロンでの施術も飛躍的に向上する事が分かっているので重宝しています(^^)

 


 

 

その辺りの事を又、お話ししたいと思っています。

 

 

☆〇▽△◇□☆〇▽△◇□☆〇▽△◇□☆〇▽△◇□☆〇▽△◇□☆〇▽△◇□☆

SEESAW

ホームページ hs‐seesaw.com

インスタ  seesaw_hairsalon

予約TEL 075-344-0877

〒600-8431
京都市下京区綾小路通室町西入ル善長寺町152 2F

定休日 月曜 第1・3火曜

営業時間 平日 10時30分~20時30分
土日祝10時~20時